中性脂肪と悪玉コレステロール

中性脂肪と悪玉コレステロールには、非常に悪質な関係があります。彼らに悪巧みをさせたら超一流です。

動脈硬化の直接的な原因になるのは悪玉コレステロールです。しかし、ここに中性脂肪が加わると、この悪玉コレステロールを増やし、間接的に動脈硬化を起こしやすくする働きを持っているのです。

もうすこし具体的に言うと、中性脂肪は善玉コレステロールを減らす働きがあるのです。

中性脂肪が増えすぎると、善玉コレステロールを減らす。善玉コレステロールを減らすのは、なぜ悪いのか? 実は、善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを減らす役割を担っているのです。

善玉コレステロールは、血液中にたまり動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを運んでくれるという、素晴らしい働きをしてくれるのです。しかしこの働きをさまたげるのが、中性脂肪なのです。

中性脂肪と悪玉コレストレールが手を組むと、ちょっとまずいことになるということがわかったと思います。中性脂肪と悪玉コレステロール、どちらも、なるべく体内に増えすぎないようにしましょう。

リフトアップでたるみ解消
中性脂肪がなくなったら、今度はお顔のリフトアップ!フェイスリフトなども利用してお肌の若返り(アンチエイジング)に挑戦しましょう。

edit