摂取カロリーの目安

私たちが「健康で活動的な生活を営むために1日に摂取することが望ましい平均的な摂取カロリー」の目安として、栄養所要量というものがあります。

30~49歳の年齢層の事務職の男性では、2,300kcalがその数字となります(女性では1,800kcal)。つまり、これ以上摂ったらちょっと多いかも、というラインがこの2,300kcalという数字なのです。

では、中性脂肪を減らすときには、普段の食事でとる量をどこらへんまで下げればよいのか? これは人それぞれ努力できる度合いが違いますのでなんともいえませんが、管理人の意見では、ズバリ1,900kcal(女性なら1,650kcal)を目指して欲しいと考えます。

現在の日本人の一般的な食生活を考えると、十分エネルギーは取れているのに、栄養は取れていない感じがします。そこで、栄養バランスを考えながら普段よりも少なめ(1,900kcal)にすることにより、より健康的な生活ができると思うからです。

1,900kcalはちょっとむずかしいと思う方は、2,000kcalからはじめてみましょう。続けることこそが最大のポイントなのです。

私たちはいままで、非常によろしくない食生活を何年間も継続してきたのですから、それを正そうと思うなら、それ相応の覚悟が必要です。しかし続けるためには、無理をしすぎないことが大事なのです。あなたにあったペースで、続けられる範囲でやっていきましょう。

リフトアップでたるみ解消
中性脂肪がなくなったら、今度はお顔のリフトアップ!フェイスリフトなども利用してお肌の若返り(アンチエイジング)に挑戦しましょう。

edit